• ホーム
  •  > 
  • こんな症状ありませんか?

子供の症状

 

おねしょ(夜尿症)

幼稚園から小学校に上がってもおねしょが続く場合は、膀胱・腎臓に奇形がないかどうか泌尿器科で一度診察を受ける必要があります。
ほとんどは治療(内服薬)で治りますので、治療を早く始めて親子ともども精神的負担を取り除くことを勧めます。

 

おちんちんの先が水っぽく腫れて痛がる

陥頓(かんとん)包茎です。
包皮がめくれてもとに戻らなくなった状態で、緊急の処置が必要です。
もともと包茎があって医師などから指導されて包皮を翻転した後に、もとに戻さないでいると起こります。

 

おちんちんの先が赤く腫れて痛がる

包皮炎です。
パンツに膿が付いていることもあります。

 

急に精巣(睾丸)を痛がる、陰嚢が腫れている

精巣捻転症(精索捻転症)の可能性があります。
直ちに手術が必要なることがありますので急いで泌尿器科を受診して下さい。

 

陰嚢が腫れているが痛みはない、右と左で大きさが異なる

陰嚢水腫や精巣腫瘍の可能性があり診察が必要です。

 

院長紹介

はじめての方へ

外来診療