高濃度ビタミンC点滴療法による癌治療とは

点滴された高濃度ビタミンCは、癌細胞に対しては抗癌剤として働きますが、正常細胞はむしろ活性化させることが明らかとなり、副作用のない抗癌剤として脚光を浴びています。

高濃度ビタミンC点滴療法とは、1回のビタミンC量を25、50、75gと増やしながら、他のビタミン類とともに静脈に点滴する治療法です。
2005年9月にビタミンC療法の画期的な研究論文が「アメリカ科学アカデミー紀要」という権威ある科学雑誌に掲載されました。
その内容は、「ビタミンCは正常な細胞には影響を与えず、癌細胞だけを殺し、副作用のない理想的な抗癌剤である」との驚くべき内容でした。
それは、「高濃度アスコルビン酸(ビタミンC)点滴は、癌細胞に対してだけ選択的に毒性として働く」という内容です。
ビタミンCは自分が酸化されることで強力な抗酸化作用を発揮しますが、その際に大量の過酸化水素が発生します。
血中に投与されたとき、正常な細胞は過酸化水素を中和できますが、癌細胞はこれを中和できず死んでしまうというものです。
つまり、高濃度のビタミンCは、癌細胞にとって「抗癌剤」でもあるわけです。
また、ビタミンCは通常の抗癌剤と異なり副作用が少ないのが特徴です。

現在、癌細胞に対しての選択的攻撃力が高いため、手術後の再発防止、新たな補助療法としてアメリカ国立癌研究所(NCI)、国立衛生研究所(NIH)において研究が進められている、最先端の癌治療法です。

高濃度ビタミンC点滴療法ついての詳しい説明はこちらを参照ください。